2017は一休み・・・

まず最初に。
新成虫の整理を進行中です。オークションでもふれていますが、2016の管理表はほぼ埋まりました。大型レースの枠外ですが、♂は昨年よりも83-84mmが増え、満足しています。早く2018の親候補をまとめて、さっぱりしたいところですが、どれもこれも未練がありなかなか進みません。特に♀は、後述の本題のようなことがあるため、沢山抱えておかなければ(><)

*****

さて、2017の幼虫投入もほぼ終わりました。あと孵化可能性のある卵が8つ前後残るのみです。ラインごとに振り返ってみます。

17A(♂15A1-27-853×♀16A2-t4-505)1頭
仮A1♀15B2-5-556:ゼロ
仮A2♀16A2-t4-505:なんと1頭!
心配していた交尾が下手な♂でした。ペアリングとお試しの反復中、A2の♀から1頭孵化しました。その後はA1のリトライとA2のセット反復。結果A2からその後は有精卵無し。A1は♂と同居中にゼリーもあるのに♂を食べちゃいましたorz

17B(♂15A1-28-830)
B1♀15B2-1-54532頭
同腹853の予備に取っておいた830ですが、よもやこいつが1312インラインの柱になるとは・・・545の♀を853につけていればあるいは?だったかもしれませんが、今となっては後の祭り。幼虫体重も体長もそこまで大きな差はないので、良しとします。
B2♀16A1-11-50522頭
16A1の早期は当初853とつける予定でした。前述の2♀の経過を見て急遽830の相手に変更。本当はもっと採りたかったのですが、22頭どまりでした。

17C(♂15B2-12-851×♀16A3-6-510)13頭
仮C1♀15A1-6-545:ゼロ
仮C2♀16A3-6-510:13頭
15B2ライントップの851から、15A同様少数止まり。16A3の早期♀は、母の早期♀もそうだったのですが、やや透明で最後まで黄色くならない卵を産んでいました。ただ有精卵風で孵化しないものも多かったです。

17D(♂15B2-19-840)
D1♀15A1-49-54021頭
17C・Dの15A1♀、17A・Bの15B2♀とも、それぞれのライン最大♀は産まず、2番手♀が仕事をしました。
D2♀16A3-29-5102頭
使う予定の無かった、やや内翅が出た16A3早期♀、17Aラインの不発予感から急きょ使用しましたが、2頭を産んでそれっきり。

17E(♂15A3-13-866)
E1♀WN15okm-7-5723頭
お試しで2頭産んで、ホッとしたところがその後1頭のみ。
E2♀16C2-4-50014頭
仮:E3♀16A2-35-545:齧らず
仮:E4♀16B1-1-525:齧らず
今期の目玉、自己ベスト86.6mmの幼虫は計17頭という大失敗に終わりました。

17F(♂15F2-3-857×♀15A3-7-554)30頭以上
まだ卵のあるラインです。866系や86.6mmのライン次第では使用しないことも考えていたこのラインの幼虫に数を頼むとは思いもよりませんでした。何故か15A3-7-554はライン最大にも拘らず沢山産んでくれました。ちなみにこの♀、最初の1週間で6卵産み有精卵は1つだけだったのですが、その後のセットでは無精卵は殆どありませんでした。不思議なことです。

17G(♂WN15okm-8-860B×Yuipapa氏15011-21-525)10頭
仮17G2♀16D1-7-515:齧らず
waizu血統を充実させるべく、WN21×WN16からの早期♀を使いましたが全く齧っておりません。

*****

現時点で148頭、あとの8卵の結果次第で150余りになります。今期ボトルは240本詰める予定でしたが、17Aラインの不発具合から200本に変更、それでも50本近くの800が余りました。今年は♀2本目は以降500ccクリアを使用する予定でしたが、早期以外の♀2本目用に残す結果となりました。


今期のブリード苦戦の原因を考えてみました。

●早期♀の未成熟
17Eに使用予定だった16A2-545と16B1-525、17Gに使用予定だった16D1-515、いずれも1月羽化でした。ただ、この3頭、4-5月のペアリングまで小型ワイン庫内で30度飼育、ゼリーも10個近くは食べていました(カップがガジガジになるので食べるだけ与えました)。結果、ペアリング後3♀とも全く材を齧らず、またあれほど食べていたゼリーもまったく口にしません。現在も27-28度のワイン庫内でおとなしくしています。

他の早期は全て11月までには羽化していたこと、2016も年内羽化でうまくいったことを考えると、これはもう未成熟を疑うほかありません。私の早仕掛けブリードに使うには、できれば11月中には羽化させる必要を感じました。幸い、マット早期の手ごたえは感じたので、今期の早期♀はマット+500クリアボトルの多用で挑みます。

●17Aライン♂の交尾下手
昨秋に、15A3-86.6mmと15A1-85.3mmの監視下ペアリングを行い、両♂が交尾器を出すところまでを確認するにとどめました。ここでしっかり交尾に至るかどうか確かめた方が良かったのか?

 waizuさんの昨年5/15のエントリーで、♂♀に関するそれぞれの生殖能力不全の原因が議論されています。このエントリーの”相談者さん”が秋種確認、翌春撃沈となった経緯を考えると、♂の”体内時計”なるものも気になます。17Aラインの観察中、私も秋種確認が一時頭をよぎりましたが、前述の理由から踏み切れそうにありません。これを解決するには、やはり♂♀とも数を残しておくほかなさそうです。来期は同一ライン♀複数とのペアリングも辞さないつもりです。

●粗悪な産卵環境
兎に角暑けりゃいいだろ、ってことで、♀達には30度前後のワイン庫で産卵に励んでもらいました。昨年よりは2-3度高めでした。かつ昨年までは埋め込みマットにしっかりと霧吹きをしていましたが、それが面倒になり、カラッカラの無添加マットにミネラル水をドボドボ差しました。2日後ワイン庫を開けると若干発酵(というより腐敗?)臭がしました。それでも産んでくれる♀はいましたが、過去3年に比較して総じて産みっぷりは良くありませんでした。こんなところで手を抜いたことが響いたかどうだか、2017は飼育数激減、866系の♀候補選択も制約を受けることになりました。2018はうまくいった頃のセット・環境作りをします。


しかし、やはり200数十本のボトルを全て詰めるのは、ボトル交換の度に大仕事になります。肩腰の痛みも早く来るようになってきました💦2018は期待の♂をしっかり使わないといけないのでまたヘビーブリードになるでしょうけど、今年は一休み、少し楽ができそうです。無駄に溢れた物品の処分や部屋の整理など、少しずつ進めていこうと思います。
最近老眼で自分のブログを読み返すのも一苦労なので、フォントサイズを大きくしてみました(笑)
スポンサーサイト
[ 2017/06/18 15:59 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(0)

苦難の2017スタート

今年は2016の温度管理と早期羽化♀のゼリーの食べ具合に注目し、面倒だったこともあり、監視下ペアリング、お試し産卵をしない予定でした。

しかし、以前から期待♂のペアリング前には一度は監視下観察をしており、ちょうど期待していた15A1♂853(本家1312インラインの866系)の挙動が不安だったので、数回に分けて長期間ペアリングを観察しました。案の定これが全く的外れな生殖行動をしており、また♀の協力でうまくいきそうな瞬間も自身の後脚で結合を払うようなしぐさを見せておりました。2♀、数日間のペアリングののちお試しをセットを組みました。現在2周目ですが、採れるのは変色し土にかえる卵ばかりです。普段使っていた2300PP、エサ皿以外にも1400PPや平地(+少しの足かけ)でのペアリングも試しましたが、多分、同じ行為の繰り返しがなされているのでしょう。一応あがき続けますが、残念ながら2番手の同ライン830に血を託すしかなさそうです。こちらはお試しどころか監視下観察すらしていないので、一発勝負です。

そして只今、他の♂も不安になり、15A3♂866と15B2♂851のペア♀もお試ししています^^;また、1/上旬羽化の♀たち、既にゼリーを4-5つは完食しているのですが、まだ伽は苦手なようで、♂から逃げ回ってばかりいます。

以上のようにとても不安なスタートとなっております。まだボトル洗浄もままなっておりません。今年は一休みになるかも・・・

*****

悪い癖ですが、スタートがうまくいかないことから、ついやけになって2016最大幼虫45gの蛹室を掘ってしまいました。どうせ死んでいるだろうと。

羽化直前でした・・・

今朝羽化していましたが右の内翅の収納に不具合が生じたようで、不全個体です。掘ったことは関係ないと思いたいですが、もう1-2日我慢すれば、あるいは・・・。まぁ45gがパカにもならず羽化したことはよしとして、もしそれなりのサイズなら来期まで残しておこうと思います。ただあまり驚くほどのサイズではない気もします・・・
[ 2017/04/05 12:42 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(4)