FC2ブログ







近況

だいぶ涼しくなりましたね。
朝晩は20度を下回るので暖房も始動しました。1本目を取り返すべく2本目は少しでも24-25度で引っ張りたい。

来期使用予定の虫を室温の別室に移動させました。北側の物置なのでもう27度を上回ることはないでしょう。このまま冬眠、ツキイチで霧吹きです。2年目の虫が落ちないことを祈るばかりです。

*****

うちでは珍しく食痕が目立ち、更に荒いオガも見えるボトルが、手に取りやすいところにありました。写真にはありませんが、食痕はボトル底部にもありました。


18AA-11。どうやら、1本目はHS90日で15.2g、頭幅12.6だったようですね。
15-33-1.jpg



Nagiさんの好調なボトル早掘り記事に触発され、1本目15gの下手したら除外対象だった虫でもあり、3本目には使えそうにないGSPも余っていることだし、掘ってみることに。40近くなっていたらアメイジング、20g前後なら失笑プププ、どっちにしても落ちは付きそう。














15-33-3.jpg

まぁ世間様とはかけ離れたところではありますが、50日くらいで倍増、まだ体色も白っぽいということで、どちらかというとアメイジング寄り、ってことにさせてください。他のボトルもアメイジング多発だと嬉しいのですが、あと1.5か月じっと我慢です。

なんだか毎年ですが、こういう2本目の伸びを見ると、我ながら1本目管理の下手さ加減には後悔と反省しかありません。

*****
waizuさんの酸素の記事、興味深いですね。いまさらスミマセン。これをヒントに来期の1本目こそはしっかり頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2018/10/12 19:38 ] 2018ブリード | TB(-) | CM(0)

どうやら今年も大失敗(写真なし、泣き言のみ)

8/中旬から交換を開始し、2/3程度終了しまし。今年も866系は血が濃いことは否めませんが、85-87mmの♂に55-56mmの♀と自身としては親虫も申し分なく、羽化は兎も角、楽しい経過を想像していました。何よりほぼ自ブリの親虫なので期待もしていました。一方で昨年のこともあり、「全く数字が出ないことも・・・」少し不安でもありました。

結果は・・・全く数字は出ておりません。そこそこ喰えてても体重には反映されず。最高で33gですか。下手したら♂♀間違いで強制早期♂が羽化しかねません。大ショック。

BEKUWA56号のマサレッドさんの手記はいつも(いつまでも)ものすごく参考になります。すべて裏を行き、案の定記事でマサレッドさんが危惧されるような経過を実演しています。余りに恥ずかしいので管理表は気持ちの整理ができたらアップします(笑)

来年の改善点。

1:1本目脱堅詰
始めたばかりのころ、材飼育や堅詰ボトルは、顎の立派な虫が育つ、なんて記事をどこかでみました。ガイドパイプが普及して楽に詰められるようになったこと、交換前にボトルがスカスカになるのが嫌で、どうしても強めに詰めてました。しかし、1本目では顎の立派な虫を目指すよりも、そのラインの傾向を少しでも早く知ることの方がはるかに大事でしたね・・・。食痕状態のいいボトルを掘っても、幼虫は狭いスペースで窮屈にしています。

先の56号でマサレッドさんが里子の重要性を書いておられ、実感しました。
クワ友のNagiさんに里子を飼育してもらっているのですが、彼は私のとこで孵化した幼虫を立派に大きくされています。

Nagiさんのブログ

色々と教わり、如何に彼が幼虫の邪魔をしていないか、私が邪魔しまくっているか判りました。M`sさん、来年は詰め最中にボトル重量も量ります(笑)堅過ぎは掘り出しも大変だし、来年は時間短縮にもなるかな。

2:温度
毎年書いている気がしますが、どうしても弱気になり、また新成虫や残したい親虫のため、特に5/中旬-7/中旬は26度を目指していました。しかし夜間はどうしてもクーラーが優秀に仕事をして、7月後半くらいには23-24度程度にはなったようです(酷暑に過度に対応した結果です)。交換時ひょろひょろキノコが見られるボトルもたくさんありました。幸い、最近使ってなかった小型のワインセラーの駆動音・振動がそれほどでもないことが確認できたので、来期はこれに成虫を入れ、室温27-28度も辞さない攻め温度をキープしたいです。

*****

今年は親虫に非常に期待していたこともあり、その幼虫をベストな状態で飼育できていないことは非常に痛手です。リベンジのため、♂は軒並み来年も使用予定ですが、落ちないかどうかハラハラしながら見ています。♀はゼリー消費も細くもう体表の艶を失ったものは、来期は難しそうです。

トップ集団の方々は89-90mmの時代ですが、私はまず87mmの完品を出さなければなりません。またその目標に1年以上の遅れが生じそうです。もうYGブリーダーの冠名はないに等しい・・・

2017には1本目20g未満から84mmに至った虫もあり、また2014には、とあるトップブリーダーさんも1回目交換時の苦戦を経て最終的に自己記録を更新されたお話があり、今はそこに一縷の望みをかけて、ほんのり暖かめにして2回目交換を待とうと思います。
[ 2018/09/01 16:34 ] 2018ブリード | TB(-) | CM(-)

2018スタートほぼ完了

ようやく投入も完了間近になりました。当初の予定を振り返ると、

2018産卵結果


27♀中13♀から幼虫が採れました。爆産♀もあって結果的にはほぼ希望通りの幼虫が採れましたが、過半数14♀が不発だったことには驚きました。この中には無精卵を連発する♀もいたので、つける♂で結果は違っていたかもしれませんが、予定数をしっかり採るためには十分すぎる準備が必要であることを感じました。
また、5/28にTwitterで紹介した18AF1(仮)最後のセットですが、6/16に割出、残念ながら有精卵は採れませんでした。

※クマモンさんカワラ材はスゴかった・・・



2018のスタートはほぼ下の通りです。

2018ライン
まだ孵化していない卵のうち、孵化濃厚なC3、C4の卵も含んだ数です。
黄色が本家純866系のラインです。ちょっと異常ですね。



ボトルも4月からちまちまとすべて詰めました。

2018ボトル1本目
毎日入る部屋なので普段は前面は簡易的に遮光しています。ボトルちょっと密過ぎ?これ以上スペースがないのでやむを得ません。1400が入ってきたらどうしましょうか?

この300本余りのボトルのうち、殆どの♂が20gちょっとだったら・・・ゾッとします💦


*****


まだ掘出終了はしていませんが、2017はやはり厳しい結果となりそうです。目標の87mmはおろか、85UPの完品すらでていません。80ちょっとなのに尻出・羽パカも多いです。本業の866系ではなんとか84mmがいるので、今年の♂親と共に慎重に扱います。866系以外では細身の♀を数頭残す程度になりそうです。

今年も、無謀な掘り出しで2-3頭は期待虫(?)の完走を邪魔をしてしまいました。昇温完了から掘り出しまでの期間を、来年はさらに長くとりたいと思います。
[ 2018/06/19 21:30 ] 2018ブリード | TB(-) | CM(-)

産卵チャレンジ中

3月にペアリングを一通り済ませ、4/17から順次♀をセットに投入しておりました。1本目はどれも7日前後で割出、有精卵か否かざっくり判別しておりました。

途中経過は下の通りです。非現実的で嘲笑も聞こえそうな配合ですが、好みですのでご勘弁を。ラインAA-AH(♂黄色)は866系です。表右端◎は孵化済かつ爆産、○は孵化済、△はビミョー、空欄はリトライ中です。

2018途中経過

2016の当方看板個体A1♂870BとA2♂865、C2♂865からは幼虫が採れているので少し安堵しています。しかし尻出ながら三点接地で最大だったA3♂875B、waizu氏N15血統のC1♂855からまだ1♀も幼虫が採れていません。空欄がある♀は全て7日間×2回以上の同居を済ませていますから、どの♀からも採れていない♂は、よほど下手なんでしょうねぇ。何とかして赤の♀からも幼虫が欲しいので、7月投入が不可能になるか事故が起こるまでは同居-セットを反復してみます。記念のエバクワ氏♀、採りたいなぁ。YP氏早期♀、爆産期待!

4/頭から少しずつ菌糸を詰めておりましたが、早かったボトルは既に側面被膜が厚くなってきているものも・・・💦早く投入開始せねば。

*****

2017は余り真剣に見ていませんが、本日♀の羽化を1頭だけ確認しました。見えるボトルから考えると羽化ラッシュは今月末以降になりそうです。暴れた♂たちはセミ方面のもの、おざなりな蛹室で皴が寄っているもの様々です。特筆サイズは出ないでしょうけど、どのラインでもいいから85mm以上のきれい♂が少しでも欲しいです。
[ 2018/05/09 22:18 ] 2018ブリード | TB(-) | CM(-)

準備終盤

ペアリングを終えました。ダメ元羽パカの1♀(解体・・・)以外は生還しました。1-2♀を除きゼリーの消費が速い。たぶん行けてるかな・・・去年も同じように楽観視していましたが💦今年は母数が違うので何とかなるでしょう。何とかならなければ多少菌糸の無駄ですが2017と同じのんびりブリードを楽しみます。期待ラインは55-56mmの♀が主体、ここだけかなり不安です。うまく種がついていたとしてもちゃんと産んでくれるだろうか・・・

*****

ブリ作業は主に仕事と家事手伝いの合間に行うので、いろんなことを一斉スタート!とは参りません。一発目に26ケーススタートさせたいので、既にマットと材をコバ小にセットしています。乾燥と雑虫低減のため新聞でくるんで(意義は不明)4/20頃を待つ。あと4ケース!
2018セット途中
準備したカワラ材は太い細い・堅い柔い様々ですが、まぁ産む♀も産まない♀も、材が大きく影響するわけではないので何とかなるでしょう。



コバシャのフィルター部分はうまく嵌らないものもあって面倒ですよね。なので今年は怠慢を。
コバ小サボり1

コバ小サボり2
ブリ部屋は殆ど密室、更にその中のワイン庫内でセットを組むので、いいかなと。ダニは入るときは入るしコバエはいないし。1列を残して養生テープで蓋(笑)このくらいの換気でいけませんかね?本番はもう少しテープを除去します。早くセットして、早くいい卵を見たい今日この頃であります。あと3週間の我慢!

2017の未洗浄ボトル、ゼリーにマット、カワラにブロックなど、飼育用品、使いそうで使わないもの、ゴミ。この時期はどうしたって部屋が混雑しますね。
[ 2018/04/02 23:22 ] 2018ブリード | TB(-) | CM(-)