FC2ブログ







常温発送CSを詰めてみました。

運送会社の送料値上げなど、飼育用品にかかる費用も増える一方です。
そんななか、銚子古川さんから、「翌日午後荷受け可能であれば、夏場の菌糸常温発送も支障がない可能性が高いのではないか?」とのご提案があり、私も「恐らく大丈夫だけど、だめなら買い直そう」との思いで送っていただきました。CSです。

7/30銚子発、7/31午後四国着。この日は当地34度くらいの曇天で、過酷な状況にはもう一歩でした。触った感じ暖かい印象は全くありませんでした。ただすぐに24-25度のブリ部屋に搬入しました。

8/1に詰めてみました。比較対象は7/10頃に到着し冷蔵保存していたやはり常温発送のCSブロック、豪雨の時期でなぜか一度和歌山を経由し、そこでクール便に変更され3-4日かけて到着した、少し訳ありのブロックです(汗)

写真上段が先着分、下段が7/31の到着分です。スマホ写真で横が伸びててすみません。
8/1
CSD1.jpg
8/3
CSD3.jpg
8/6
CSD6.jpg

当然かもしれませんが、全く問題なく廻っています。今期は次はもうないのですが、来期はもう少し過酷な条件でチャレンジしてみます。ただ、あくまで業者さん推奨の発送方法が望ましいでしょう。古川さんがOKを出されたとしても、不具合が起こった場合は共同以上に自己責任で、という意識は必要だと思います。

*****

初めて詰めたS8K(8/3-4)、本日の画像。
S8KD2.jpg
想像通り黄色いですね。どんな感じかは幼虫を入れてからのお楽しみです。
スポンサーサイト
[ 2018/08/06 17:34 ] 菌糸 | TB(-) | CM(-)