2014(自己)満足

皆様お疲れ様です。

2014、初めてのYGブリード、1頭の羽化したて♂、1頭のセミを残して終了しました。皆様の羽化報告を見ると記事を書くのもはばかられますが、自己満足更新です。大型ではないので余裕でスルーしてくださいm( )m

14-5-4♂850
14-5-4♂850UP
850計測ブログ用UP
羽化するまで全くノーマーク。全く工夫もなし。他のエアコン乾燥ボトルは軒並み不全の嵐。その中で何とか羽化しました。このラインは他は830程度の羽パと815、800以下数頭です。♀は510(早期ではありません)といたって平凡でした。来年使用します。頭が重いのか、威嚇した写真は撮れませんでした。

14-2-34♂840
14-2-34♂840UP
840計測ブログ用UP
14-1.2.3の3ラインは銚子オオ様が本家から購入された853直仔幼虫ないし同腹からのラインでいうなれば853系。最初最近では珍しい847系0%かと思っていたら、調べると25%と判明。しかし853系、あまり聞かない響きにとりつかれて3ライン。先に850が羽化したこと、2015が始まったことから、余りその結果は期待もしていませんでした。853累代もどうしようか悩んでいました。昨日、今日の記事のために再計測してみました。適当に計って834くらいは余裕だろうと思っていた♂が、いわゆる顎開き最大では840で3点接地しました。0.6mmの上方修正はちょっと図々しいですが、一般には大したサイズではないので上方修正させていただきます。爪も腰も強く、測定は困難を極めました。スタイルは850よりも好きです。期待して臨んだ853系なので、喜び一塩ではあります。

14-2-35♂830
14-2-35-♂830UP
830計測ブログ用UP
ついでに載せます。840よりさらに細見。大きなコクワのようです。一応840のリザーブでとっておきます。

♀は840の同腹に540がいましたが、他853系内では520台まででした。

インブリードが過ぎたのか、866系はクロスの14-8以外はサイズはおろか、完品羽化すら少なかったです。当時購入元ブリーダーの方に「インラインで大丈夫?Gullさんラインが入った相方でも探したら?」とアドバイスいただきました。しかし当時も今も866フリーク。結果このようになってしまいました。ご忠告を聞かず申し訳ありません。

だがしかし・・・2016も思いっきりインラインが控えています・・・まさに血統ミーハー!サイズはでればラッキー!これが好きだから見逃してください。

今年はざっくり計測や先走りが過ぎて、再計測の嵐。手間が非常にかかりました。来年は、完品を見たら1か月後に計測、種親クラスは後食開始後に計測し、何度も計り直すことなく、より正確な数字で、よりスマートに管理できたらと思います。その前に課題の冬を乗り切り、まずまずの完品をたくさん出さねば!

ささやかな結果の自己満記事なので、今回はコメ閉じさせていただきますm( )m
でも自分では上出来のつもりなのでした!
スポンサーサイト
[ 2015/07/10 18:55 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(-)

まぐれの一撃

自営業なのでこんな時間に更新します悶左衛門です皆様お疲れ様です。

既にプロフィールの写真を入れ替えましたが、4/10、バケラッタ上で羽化した個体が真っ黒になりお尻も収納、ほぼ固まったと思われ計測しました(というかここ1週間、3回ほど計測しましたが)。これ以上の収縮はなさそうなのでUPいたします。

他は目を覆う羽化状況ですが、この個体はよくぞ立派に羽化してくれました。右上翅に小さく隆起がありますが、売り物ではないので問題なし。ここに至るまで、嬉しくて子供のように弄ってしまったので、無事来春を迎えられるでしょうか。できれば来期使用してみたいですね。

14-5-4(銚子オオ2012YG62♂81×同2012YG55♀53)一応しっかり3点接地しています。85mmup.jpg

もうこれ以上は2014の新成虫からは出ないでしょう。できれば14-2か866組からも欲しかったですがそれは贅沢ですね。昨今珍しくなくなった85mmですが、この1頭だけはYG初年度にしては大満足。
悶左衛門の2014まぐれの一撃でした。
[ 2015/04/28 17:43 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(20)

洗礼

そろそろヤフオクチェックをやめようかと思っている大鍬悶左衛門です皆様こんばんは。

蛹室を作って久しいほったらかしの2014ボトル、成虫のカサカサ音が妙に耳障りだったので掘ってみました。

頭部が見えて「おっ、80あるかな?」

お尻が見えて「ガクッ。」羽パですね。

こうなると得意の自制心崩壊で目ぼしいのを手あたり次第ザクザク。最終30g近辺を軒並み露天に。

掘ってみてため息。まず全体に80mm弱と小さい。しかも羽化不全の嵐。今のところ固まってそうで80付近は1頭くらい。これもギリ80UPいくか?くらいで、200余頭の成果としては非常に寂しいスタートです。

14-8-7
00032お気に入りの純866系であることが慰みです。もう少しして80あったらノギス当てた写真とります。

それと妙に幼虫・蛹・羽化直後で死んでいる個体が多い。冬場の温度乱高下があったとはいえ、ここまでひどいとは。1400を十数本掘って、生存は10前後、完品レベルは3-4体ですね。完品レベルも固まれば80あるかどうか。そこそこしっかりした蛹室や、ほんの僅かに腹ー尾部にボトル面が露出していた蛹室でも、容赦なく羽パカ・尻丸出し。1月の温度乱高下と乾燥がたたったのか?ボトルと菌床には広い隙間。これも羽化不全の一因?
00033これは今から嘆いてもしょうがないですね。来年の加湿、どうしよう。

完品を目指して、少しでも何とかしたい!
関係薄いかもしれませんが、尾部がボトル面と接触するものは、体位を180度変えて、角度をつけて。00034

蛹25g強でひときわ頭が大きなこの方はいつか入手したバケラッタくんに。00035露天・蛹室替えが吉と出るか凶と出るか?


近親交配よりも、飼育管理に問題があったはず。銚子オオ発853系(14-1.2.3)は、累代してみたいのですが、親を超えるもの、その前に80UP完品が出るのか?一昨年の無産地70mm前後ブリードは、キノコ・暴れ上等で、殆ど完品だったのですが・・・。やはり大型血統というのは難しいんでしょうか。3本目以降の冬場をなんとかしなければ、2015も危うい!YG1年目、厳しい洗礼を受けている今日この頃です。
[ 2015/04/04 21:41 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(10)

少しだけ掘ってみました

純血と純潔を愛する大鍬悶左衛門ですみなさんこんにちは。
前回、mouchoさんに見事に私の本質を見抜かれました。最近はもうヤフオク見ないことにしています。というのは嘘ですが、流石にもう管理する時間・場所・お金の余裕がないのでポチはないでしょう!

しかし自制心は至る所で崩壊、部屋が見えるボトルをちょっと掘ってみたくなりました。

まず幼虫時最終25g、21g程度の蛹
00027
頭部大きくお腹小さくよさそうに思ったら、大顎・触覚・脚が非対称。どんな風に羽化するのでしょう。

次は幼虫時最終32g程度。ボトル中ほどの高さに、直径に及ぶ蛹室を作っていました。
00030
ちょっと大顎が短めで胴が長いです。前蛹期高温過ぎたのでしょうか。あと後脚が交差。でも経験のない重量なので無事羽化して欲しい・・・

最後は

































00031
掘ってはいけないボトルでしたorz。何とか蛹化してー。

来年は温度・湿度管理もさることながら、「我慢」が最大の課題になりそうです。

[ 2015/03/15 16:48 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(14)

暴れ

皆様こんばんは。
ougoさんのブログを拝見して、1/19から慌てて4/下旬-5月投入組の大半の幼虫(大部分の♂+全♀)について、加温を始めました。南と東の窓を断熱シートで覆いましたが、まだブレブレです。20度を切らない程度で上は外気温によって24-25度程度までばらつきます。これから1週間以上は夜間早朝の最低気温が1-3度程度なので、上は無視して下の温度を保てるように気を付けるつもりです(今朝設定温度よりもかなり低い19度でしたが・・・)。

こんなブレ具合からか、暴れるボトルを散見。昨秋の自然早期羽化♀では、菌床劣化により酷い羽化不全が連発したので、同じ目を見ないように数本交換しました。

♀暴れ

14-2-1 : 4/29投入-16g-17g-16g
14-2-14 : 5/5投入-14g-13.6g-15.1g
14-4-5 : 7/10投入-13.6g-13.5g
14-5-25 : 5/25投入-14.2g-12.2g
14-8-9 : 5/10投入-16.5g-14.5g-14.9g
14-9-23 : 6/9投入-11g-13g-12.4g
14-9-24 : 6/9投入-10.7g-11.5g-11.5g

♀の4本目って・・・来期は無いように、これまた気を付けます。そして来期は半数前後は強制早期羽化!を頑張ってみます。ボトルスペースの都合もありますしね(汗)。ただ、こんなにボロボロに回遊しつつもそこそこ体重を維持しているようでちょっとホッとしました。



♂にも不穏なオガのボトルが・・・

♂暴れ1

掘ってみる。意外にきれい。

♂暴れ2

更に進むと、やっぱりオガボロボロ。

♂暴れ3

我が家の貴重な31g台(14-2-19)からの下落。

♂暴れ4

棚を見てみると、14-8-10も30.1g-25.6gまでダイエットしていました(嫌なことなので忘れていました)。
うーん、これからもっとこんなのが出るんでしょうか。何とか、いずれかのラインで親越えを果たしたいのですが・・・

[ 2015/02/02 22:50 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(6)