今年最後+ワインクーラーについて

先日、毘沙門虫さんから、ワインクーラーについてのおたずねがありました。私の短いオオクワ飼育経験の中から、ワインクーラーの有用性(?)について記事にさせていただこうと思います。

2012年の無産地飼育からオオクワを始め、程なく能勢YGを知り、更にYGを含め大型成虫の作出には温度管理が必須であることも知りました。そこで、YG元年となる2014ブリードは、”ワインクーラー+NMサーモ”での飼育をしてみることにしました。

YG初年度、1本目は菌糸ボトルをワイン庫内ですし詰め管理。交換時、幼虫体重は20g台ばかりで見事に失敗。これは他の方のブログや昨年からの自身の飼育経過から、換気の悪さとサーモに連動した機器稼働音・振動によるところかと考えています。ただ、もう追試することはありませんからあくまで推測ですが。

2本目以降は換気を第一に考え、また半数1400ボトルになりそもそもワイン庫内に収まらないため、ボトルは全てスチールラックに並べました。3本目への交換時は少しは30gを超える幼虫が出てくれました。

しかし3本目への移行から羽化までの5-6か月間、大して恒温の工夫を施していないブリ部屋だったためか、2台のエアコンを駆使しても夜間早朝は10度前半、晴れた午後は25度前後と、全く温度制御ができませんでした。結果暴れが多発し、♂のみならず♀も不全を連発しました。この期間はワイン庫を含めた何らかの温室の必要性を感じました。

2年目以降はこれらの反省を踏まえ、ブリ部屋はどの窓も10mm弱の保温マットでふさぎ、1-2本目は室温でメタルラックで、3本目はワイン庫と簡易温室での管理としました。親虫の違いもありますが、2年目は1年目を上回る成果を得、また具体的な数まで記録していませんが不全も少なく済みました。3年目の2016も、途中経過は上々です。

ざっと1-3年目の違いを思い出してみましたが、ここでオオクワブリードでの温度管理と、その中でのワインクーラーの役割(の是非)を見直します。


1.温度管理と同等以上に換気とボトルの安静が重要!

1-2本目はボトル周囲の換気が、また羽化までの全ての時期でボトルのへの刺激(音・振動)が最小限であること、が何より大事に思います。先述のように再度比較実験をするつもりはありませんが、当方での1年目とそれ以降の幼虫体重経過を見ると、1-2本目時期にワインクーラー等を温度管理のために使用するのは、少なくとも室温管理(最低限24-27度程度の範囲でしょうか)以上のメリットはないと思います。ワインクーラーは出番なし!

2.3本目-羽化までは温度ブレを抑えたいが・・・

3本目に移行して冬温度も終えるといよいよ羽化ステージですが、ここでは私は、室温は低めとし、ワイン庫内をサーモ+ヒーターで管理することを心がけています(といっても2016でもこの方法でたったの2度目ですが)。ワインクーラーの”冷却機能”は、なるべく稼働させたくないです。音と振動の影響が嫌です。なのでこのステージも、室温の上振れが少ない寒い部屋さえあれば、各ブリーダーさんのブログで散見される”メタルラック+スタイロフォーム+サーモ+ヒーター”での自作温室で対応可能でワインクーラーは必須ではないと思います。本当は部屋全体の温湿度を制御できるのがベストなんでしょうね。


ここまで書くと結局”ワインクーラーは無用の長物?”のように思えますorz


ではワインクーラーのメリットはなんだろう?これまた私の主観で意見してみます。


1.12-3月の気温変化が大きく乾燥しやすい時期には有用

私は1軍♂幼虫と早期羽化♀はワインクーラー+サーモ+パネルヒーター、2軍♂はスチールラックを保温マットで囲んだ簡易温室で管理していますが、当然ながらワインクーラーの方が温度ブレ幅は小さいです(昇温開始まではやむを得ず冷却機能を使うことがあります)。またサーモのセンサーやパネルヒーターのコンセントをワインクーラーの扉で挟むので気密性は完全ではありません。そのせいかどうかわかりませんが、酸欠で暴れが多発するような印象も受けません(酸素濃度は測定していませんが)。また気密性が完全でない割には湿度は高めで、ボトルの乾燥劣化は無く、昇温期には除湿剤さえ必要になります。このように冬温度期間の室温上昇時に冷却を利用できる点・保温性が高い点はワイン庫のメリ ットで、ドアにコード等を挟むことで酸欠の恐れも比較的小さいと思われます。ですが、様々な温度帯を設けることも、自作温室でも不可能ではないと思います。もちろんワインクーラー(コンプレッサー・冷やし虫家等ペルチェ問わず)、自作温室とも、ある程度は室温の制御ができていることが前提だと思います。

因みに私の今年の飼育数は200頭後半、うち♂は134頭ですが、♂の半数34g以上を300Lクラスのワインクーラー2台に入れています(♂のすし詰めが嫌なので、♂ボトルは前回記事の写真のようにある程度間隔をとって並べています)。早期♀とまだ蛹の♀は、130Lクラスのクーラー2台に、それぞれの温度帯で入れています(130Lの2台は、後に2017の親起こし・ペアリング・産卵用となります)。なので飼育数によっては複数の、あるいは容量の大きなクーラーや温室が必要です

2.菌糸ブロック・ボトルの保存

設定温度帯も8-18度のクーラーが多く、冷蔵庫と比べて庫内の凹凸がなく、菌床の保存には向きます。この際庫内後方の冷却部分の過冷却に注意しないといけません。安物コンプレッサー型では霜が付くほど冷やされ、近くの菌床が死にます。私は保温シートや段ボールを介在させて凍結・過冷却を防いでいます。

実際にはペアリング・産卵や前年幼虫の羽化をすべて完了させないとワイン庫は空きませんから、菌床保存に使えるのは、正味2本目交換後の3カ月くらいですけどね(本当は2本目用の菌床を春に買いだめして、夏のクール送料を抑えたいところですが)。

あとはワインクーラーなら”温室自作”の手間が省けることくらいかな?

購入に関しては予算が潤沢な方は新品でもいいですが、所詮入れるのは虫、思わぬ掘り出し物もありますので、ヤフオクなどで中古を探すのもいいと思います。大型はスペースも必要ですので注意が必要です。

因みにお勧めは私が使用しているコレ↓
http://www.bestgate.net/winecellar_haier_jqf298a.html

セラーでなくクーラーなので保湿機能はありませんが過冷却も少なく菌床の保管にも便利です。外観の傷や内部の汚れが目立って、冷却機能が保たれた中古なんかは安く入手できると思われ狙い目です。
ワインクーラーたち1
とりとめなくまとまりなくワインクーラーについての私見を述べてみました。ご参考になれば幸いです。また他に温室やワインクーラーをご使用の方、ご意見やアドバイスなどあればぜひよろしくお願いしますm( )m


恐らく今年最後の記事です。今年も皆様お世話になりました。まだ2016の作業が続く方もおられると思いますが頑張ってください。そして初夏にはみんなで自己記録を更新、底上げしていきましょう!それではよいお年を!
スポンサーサイト
[ 2016/12/29 15:37 ] 飼育 | TB(-) | CM(4)

ashtakaプレス(Type3)お手入れ

今年は5/下-6/下の約1か月の間に1本目に投入したので、今月末頃からいよいよ2本目入替です。今期素人配合ながら親虫は一流ですので、駆け出しながら私も30gUPにお目にかかりたいものです。

今年は虫の数も多く既製品を多用するのも厳しいので、そろそろ久しぶりの詰め詰めです。始める前は面倒に思うのですが、やり始めると大量のオガをやっつけてる感が結構心地よい・・・あぁashtakaプレスよ、ありがとう。

先週から十数ブロック詰めてましたが、週末にちょっとした異常発生。プレスのハンドルを回すと滑らかにいかない。ギシギシ感?とでもいいましょうか、何か噛んでいる感じ。
gikogikokan1.jpg
しかもラック部分上下端ではそのギシギシ感が無い。多分ここが病巣。
gikogikokan2.jpg

ashtakaさんに届けてもらった時のマニュアルが行方不明になってしまった・・・
急いでashtakaさんにメールで相談。以下、その指示通りに軽作業しました。

まずプレス部を取り外し、ラックを最上段まで上げて取り外します。
hikinuki.jpg

そしてラックに掘られた溝を掃除。私が使用したものは、家内にもらったブラシ状のものです。綿棒や繊維状のものは、掃除しつつも新たに繊維を残しそうで、今回は避けました。
souji1.jpg
souji2.jpg

ピニオンの溝も同様に掃除。
souji3.jpg

油で黒くなっていてわかりませんでしたが、オガか何か、結構ついていました。最後にピニオンの溝にミシン油を少量ながらくまなく滴下し作業終了。ラックを元の通り差し込みハンドル回転。おお!スムーズな動き!

ashtakaさん、的確なご指示、ありがとうございました。ラック部分の養生をしていなかったのが原因かもしれません。次からはキッチンペーパーの芯とラップで、ラック&ピニオン部分を完全被覆して作業してみます。しかし、いずれにしても定期的には掃除したほうがよさそうですね。

これで夏の詰め作業も安泰です^^
[ 2015/08/05 00:30 ] 飼育 | TB(-) | CM(8)

初めての詰め詰め

数が増えることがどれだけ大変なことか、少しずつ身に沁みつつある悶座衛門ですみなさんこんばんは。
2014の200頭でも多数の★が出たにもかかわらず、掘出し、暫定ボトル飼育(意外に乾燥が早い!)、数値計測、面倒ですね。合間を縫って可能なボトルは洗浄、詰め詰め、産卵セット入替、♀+来期再登板の虫たちのエサ交換。お蔭で現在の蛹連中には触れる間もありません。まだお試し以外1セットも割り出していないので、果たしてどれだけ採れるのか期待も有不安も有です。2014は4/末-7/頭まで長ーい投入期間でしたが、今年は5/末-7/頭以内には短縮するつもりです。

さて、表題の如く今年はashtakaさんからType3プレス機を戴きましたので、自詰めでコスト削減に取り組んでいます。皆さんのご意見、アドバイスも欲しいので、詰め状況を書きます。

まず、プレス機はしっかり養生。ギア部や手の届きにくいところにオガが入らないように、また拭き掃除を最小限に抑えられるように。そしてプレス部はラップと布テープで被覆。使用時にはギア部分の天井もラップでカバーします。ashtakaプレスその日の作業が終わったら全て剥ぎ取り、次回に備えて再度養生。全然エコではありません(汗)

崩し箱(?)コンテナケースに90Lのビニル袋を敷き込み、2枚を重ねて結束したステンの網製品を、ケースに強力洗濯ばさみで固定します。ashtakaさん、gifunotakaさんのブログでは、崩すのに時間を要さない、とのことでしたが、私の道具では1ブロック4-5分かかってそうです。結構大変ですね^^;だれかいいブロック崩しを作ってください。因みに被膜は一切取りません。
崩し箱

まとまった時間を確保するのは家族の手前難しく、4-6ブロックずつ詰めていってます。2015はLV+LVG(1-2本目はSP)、S3、HSを中心に飼育する予定です。各メーカー、ブロックの数に応じてオガを使い切る手加減がまだできず、一気にやれない分、余剰オガが出てはもったいない思いをしています。

道具やボトルのアルコール消毒は一切しませんでした。クリーンルームなんかで作業できれば別かもしれませんが、私の部屋のような雑菌だらけの空間では意味が無いでしょう。その代り(かどうかわかりませんが)、オガ投入前のボトル内と、プレス後追加オガを入れる前に、Fe3+をふんだんに使用しています。空気穴はあけませんでした。

GWの間に家族に1日半くらいもらってたくさん詰めました。
S3とSP+GSP(最上段がS3だったと思いますが)、よく回ってます。
S3.jpg

HSも徐々にしっかり回りました。
HS.jpgこの後、既成ボトルが160本到着予定。ブロックは30ほど使ったので120本ちょっとはできてるはずです(まだ12ブロックくらい余っていましたが)。ある程度の数には対応できると思いますので、あとはウチの♀のみなさんの仕事を待つのみ!

♀の2本目空ボトルが無いので、♀2本目は既製品になりそう。
[ 2015/05/14 00:17 ] 飼育 | TB(-) | CM(4)

蛹室

2015の準備をすべく、さっさと新成虫を整理したい大鍬悶左衛門です皆様こんばんは。

蛹室について書きたいのですがその前に。

前回記事で、25-26gクラスの蛹1頭、バケラッタくんに避難させましたが、先日羽化しました。脱皮中の写真。00036

スムーズに脱げてるし体液の貯留もない。安心して30分ほど目を離すとバケラッタの頂上付近に頭部-前胸部を擦り付けて最後の一脱ぎができずに頑張っているじゃないですか!(焦っていたので写真がありません)かなり悩みましたが思い切って最後尾のフニャフニャを剥ぎ取りました!すると左上翅が少し開き気味・・・またやった・・・意気消沈してまた数十分後。


左に少し膨らみがあり(これは脱皮前からありました)、左が少し短いですが、なんとか上翅が閉じている!
00037

これが4/10のことで、あとはお尻がもう少し収まるといい状況まで来ています。元の狭目の蛹室で腹部も乾かしてもらおうと移送しようとするも、途中でポロッ!20cmほど落としてしまった・・・ついでにサイズも計る・・・世間ではよく見る数字ですが、私としては夢のあるものでした。かなりの迫力でした。無事生きて固まってくれればいいのですが。



さて本題。羽化不全の要因は蛹室にあり!と考えて、危うそうなボトルを軒並み露天にし、いろいろやってみました。そのうちの一つ。前回の記事でもふれた、頭部尾部入替+角度保持の1例00043尾部付近のマット状の壁面も角度も大きさも申し分なし!安心しきって気にも留めていませんでした。



フツーに羽パカ!
00044うーん、全く見当違いだったようです。この後絆創膏を試みましたが、お腹が大きくて上翅が寄りませんでした。

先日来、先輩ブリーダーの方々に不全の回避についてお教えを乞いましたが、「その個体のもつ潜在的な力とそれを引き出す(邪魔しない)管理」とのお言葉をいただきました。その言葉通り、条件を多少整えたつもりでも、無駄なものは無駄でした。

やはりせいぜいボトルの反転に留めるのがよさそう。その場合気になる、蛹室の本来の天井部分は床足りえるのか?
手ごろな蛹化後反転ボトルがあったので、カッターでボトル底部を落としてみました。これが反転後の天井で、本来の床部分00040

そしてこれが反転後の床部分00041
さらにアップ(写真右が腹部-尾部側)00042

やはり天井は目が粗いのでしょうか。ただ羽化時に仕えなくもなさそうな・・・ある程度大きな個体でないと物は言えないですが、蛹化後反転だけは2015-2016シーズンにもう少し観察してみます。2015は思い切って敬遠飼育も検討します!


2014に羽化不全が多かった事実は忘れて、今後最終ボトルには極力触れないことを、2015以降に心掛けようと思います。

[ 2015/04/15 23:56 ] 飼育 | TB(-) | CM(12)