2年目早速の試練

6月下旬で投入を完了し余裕こいていましたが、いったいどのくらいのブロック・ボトルを準備しないといけないのか、ちょっと焦ってきました。

ところで・・・
最近、棚に変なボトルが目立ちました。
粘菌カビボトル+上部のティッシュはささやかな雑虫よけです。右はおとなしいカビだけですが、左は粘菌まで出てますorzボトルを整列させているので、奥まで見えないんです・・・

上部はこんな感じ
ボトル上面+堅く詰めたつもりが短期間で収縮。中身はじめじめ。

詳しい方に伺ったところでは、最近よくあるスプレーを振りすぎたのが原因のようです。確かにそのころのボトルにカビと劣化が多いです。数回前の記事で「ふんだんに噴霧」と書いた結果がこれです。もうあのスプレーはボトル内面にひと吹きだけにしよ!

今日は8本救出交換して既に4本、幼虫はいませんでした。残りの4頭のうち、可哀そうな虫が・・・
極小3例+脱皮後間もないようですが、頭部はかなり大きい。そしてどれだけひもじかったのか、小っちゃい体。13mm固定ノギスで頭部を計ると鋏めませんでした。その際頭部に凹みが・・・そして私の心も凹みが・・・

よく見ていると流石に固まる前なのか、へこんだところはボコン、と再度緊張を取り戻しました。ただいかんせん元気がない・・・一応800ボトルに入れましたが、明日黒くなっているか、オガが盛っているか・・・

自詰の道も一筋縄にはいきませんね。
スポンサーサイト
[ 2015/07/27 18:49 ] 2015ブリード | TB(-) | CM(10)

2014(自己)満足

皆様お疲れ様です。

2014、初めてのYGブリード、1頭の羽化したて♂、1頭のセミを残して終了しました。皆様の羽化報告を見ると記事を書くのもはばかられますが、自己満足更新です。大型ではないので余裕でスルーしてくださいm( )m

14-5-4♂850
14-5-4♂850UP
850計測ブログ用UP
羽化するまで全くノーマーク。全く工夫もなし。他のエアコン乾燥ボトルは軒並み不全の嵐。その中で何とか羽化しました。このラインは他は830程度の羽パと815、800以下数頭です。♀は510(早期ではありません)といたって平凡でした。来年使用します。頭が重いのか、威嚇した写真は撮れませんでした。

14-2-34♂840
14-2-34♂840UP
840計測ブログ用UP
14-1.2.3の3ラインは銚子オオ様が本家から購入された853直仔幼虫ないし同腹からのラインでいうなれば853系。最初最近では珍しい847系0%かと思っていたら、調べると25%と判明。しかし853系、あまり聞かない響きにとりつかれて3ライン。先に850が羽化したこと、2015が始まったことから、余りその結果は期待もしていませんでした。853累代もどうしようか悩んでいました。昨日、今日の記事のために再計測してみました。適当に計って834くらいは余裕だろうと思っていた♂が、いわゆる顎開き最大では840で3点接地しました。0.6mmの上方修正はちょっと図々しいですが、一般には大したサイズではないので上方修正させていただきます。爪も腰も強く、測定は困難を極めました。スタイルは850よりも好きです。期待して臨んだ853系なので、喜び一塩ではあります。

14-2-35♂830
14-2-35-♂830UP
830計測ブログ用UP
ついでに載せます。840よりさらに細見。大きなコクワのようです。一応840のリザーブでとっておきます。

♀は840の同腹に540がいましたが、他853系内では520台まででした。

インブリードが過ぎたのか、866系はクロスの14-8以外はサイズはおろか、完品羽化すら少なかったです。当時購入元ブリーダーの方に「インラインで大丈夫?Gullさんラインが入った相方でも探したら?」とアドバイスいただきました。しかし当時も今も866フリーク。結果このようになってしまいました。ご忠告を聞かず申し訳ありません。

だがしかし・・・2016も思いっきりインラインが控えています・・・まさに血統ミーハー!サイズはでればラッキー!これが好きだから見逃してください。

今年はざっくり計測や先走りが過ぎて、再計測の嵐。手間が非常にかかりました。来年は、完品を見たら1か月後に計測、種親クラスは後食開始後に計測し、何度も計り直すことなく、より正確な数字で、よりスマートに管理できたらと思います。その前に課題の冬を乗り切り、まずまずの完品をたくさん出さねば!

ささやかな結果の自己満記事なので、今回はコメ閉じさせていただきますm( )m
でも自分では上出来のつもりなのでした!
[ 2015/07/10 18:55 ] 2014ブリード | TB(-) | CM(-)

悲しいお知らせですパリティビットが

今朝亡くなりました。残念ですが仕方ありません・・・なんて言葉を思い出しました。
今朝、エサ替え中に本家866系♂847(1312)が死亡しているのを発見いたしました。もう胸部・腹部がもげかけでした。2週間前のエサやりでは元気だったのに。来年も1321インラインペアの早期♀につけるつもりだったので、非常に残念。もう1頭の1321♂833君に後を託します。
[ 2015/07/02 09:59 ] 2015親虫 | TB(-) | CM(13)