2016の準備 他

今年に入っては2軍のキノコ狩りなど行いつつ過ごしております。今期最もゆっくりできています。1軍は蓋の穴からのキノコがないので、見ても触ってもいません^^;既に昇温を始めているので(今年もougoさんのブログでスイッチオン)、早く20度以上に辿り着きたいところです。2015春羽化組は、明日からの寒波と3月からのペアリングに備え、少し室温高めの部屋に移動しました。

早期の掘出しはすべて終了しました。♂自然早期は残念ながら80UPは出ませんでした。♀強制早期は初めてながら29頭が羽化し(他自然早期2♀)、B品は4頭のみでした。昨年は通常飼育での完品も少なかっただけに嬉しく思っております。

中でも1頭、目を見張る♀が羽化しました。期待のwaizuさん里子です。
WN15(2年目)里子 5/31LGSP-8/31LG(18g)-12/上旬羽化
WN15♀568
羽化確認後1か月以上たっての計測なので56はあるかと思います。他所様で紹介されている55UPの早期♀を、気の遠くなるような思いで拝見していましたが、まさか自分のところでこんな大きな虫が出るとは思いもよりませんでした。早期のサイズは余り関係はないとはいえ、ここまでの同腹幼虫のそつのない経過を見ると、大きな可能性を秘めているのかも・・・2016ブリに間に合いますように、そして少しでも多く産んでくれますように!


2016に使用予定の♀は他にも複数おりますが、6/上旬には投入完了したいので、BEKUWAの座談会でGullさんが仰った「ゼリー2個(私はひよって3個)」を目安に、計画を立てつつあります。予定では、2015早期からは8頭前後、手持ち2014からは思い入れのある銚子オオ組を6♀程使用予定です。うまくいかなければ大誤算になりそうですが(焦)


補強(というか物欲)としては、更に本家から1401、waizuさんには昨年来お願いし、2♂3♀を戴きました。またタケセイヨウさん、そして現在押しも押されぬ注目の的、大阪のスーパースターYuipapaさんからも素晴らしい♀たちを頂戴しております。

配合は相変わらず捻りはありません。セットをセーブして単純に見積もっても今期程度の飼育数になりかねず、頭を悩ませています。

産卵材もDRさんから最後の買物をさせていただきました。最後の最後に少し多めに購入できたので、材については2018くらいまでいけそうです。あとは昨年と同じ埋め込みマットと、予定飼育頭数相当の菌床注文です。2015の結果も気になりますが、2016のスタートも昨年同様うまく切れることを願っている今日この頃です。

スポンサーサイト
[ 2016/01/23 23:47 ] 2016ブリード | TB(-) | CM(6)