2015waizuさん里子

つい先日羽化した♀2頭をもって、2015の生体は全て羽化しました。
前回報告を上回る個体は出ておりません。29gの蛹に一縷の望みを託しましたが、その重量の殆どは腹部の厚みと尻周りに喰われています。

さてタイトルの件ですが、waizuさんには、2014から新成虫を予約し、WN15ペアを戴きました。と同時に、このラインの2年目産卵で得られた幼虫8頭も戴き、うち7頭が羽化できました。そろそろ時期もいいし余品整理の必要も有、しっかり再計測しました。♀は55-57(早期56up含)4頭、♂は83.5mmと以下にご紹介する2頭を得ました(1頭★)。
折角なので計測してご紹介させていただきます。

WN15okm-1♂856
WN15okm-1♂856+
我が家にはまだ少ない完品85upでした。

尻出なので参考ですが
WN15okm-8♂860B
WN15okm-8♂864B+
B品の為適当にノギスを当ててすましておりました(waizuさんスミマセン)。前翅にノギスを合わせるのですが、どうしても体を伸ばしてしまい、なんとか取れた写真です。前翅まで1mm程度でしょうか、860Bとしておきます。

以前にもこの里子ラインの経過を書きましたが、全てLGSP-LG-LG(♀はECOあり)です。最後に幼虫で落ちた♂以外全く暴れず、楽しみなラインでした。体重経過も、waizuさんの1年目同ラインに引けを取っていません。尻出♂は、最終38gで最も期待していたのですが、蛹化前後-羽化前後に気になって多少ボトルを触ったことが災いしたかも?です。しかしながらたった8頭やってきて3♂4♀、そこそこいいサイズで羽化してくれましたことには結構驚いています。waizuさん、改めてありがとうございましたm( )m


さて、この虫たちのラインの1年目ペアも戴いていたのですが、計算が狂ってインライン、2015自ブリ早期の2♀からしか幼虫を採ることができませんでした。WN10番同腹やWN15は各所で活躍しているようですが、私も1発欲しいところです。幸い、2017にもチャンスがあるので、少しは面白い配合も考えて、WN15のポテンシャルを引き出したいですね。

以前、ベテランブリーダーの方に「どんなに好成績でも2年目♀は使用しない」というお話を伺い、また昨今の主流早期♀を考えると、私も2年目♀の使用には今まで抵抗がありました。しかし今回の里子たちを見ると、2年目産卵にもまだ可能性を感じてしまいます。てなことを言っていると、結局飼育数もラインも絞るに絞れませんね^^;
スポンサーサイト
[ 2016/06/29 20:59 ] 2015ブリード | TB(-) | CM(9)

2015羽化報告

久しぶりに広告を出してしまいました(汗)

ここのところ割出-投入と掘出し-捌き、様々な器具の後始末を、本業と家事の手伝い(微少)の合間に進めており、記事もかけずに過ぎてきました。まぁ、記事と言っても専らイベント用オオクワの繁殖に終始しているので、これといった記事もございませんでしたが(苦笑)



羽化報告の前に。

昨年、銚子古川さんからノギスパーツを購入、ノギス自体も古川さんのと同じ結構いいやつを買ったのですが、Yuipapaさんのように手が進まず(ゴムマットも買いましたけど)、BEKUWAで見かけた岡山DDAさんのクワノギスを買ってみました。
DDAさんクワノギスd
ホイルはないもののカーボン製で軽く液晶も大きいので、便利です。上の目盛とは10mm程度の差になっている様子です。クチバシが長くて厚みがあるといいですね。私には十分だと思います。



それでは、既に各所で大型個体がUPされている中恐縮ですが、自己ベストですので私も報告します^^;

2015、300数十頭でブリードを開始しましたが、無事85UPで羽化したのはたったの3頭でした。1頭29gが蛹ですが、ここまで蛹で掘り出して完品でいけた35UPは皆無(前回記事の虫も、尻出恐らく84mm前後です)、かつ尻出の多いラインからの蛹なので、まず羽化個体の提示は無理でしょう。

それぞれ”奇跡の1枚”ではもうコンマ1-3mmで3点接地することもあったのですが、既にそんな背伸びも意味のないサイズ域ですので、”恐らく誰が計測してもこのくらいあるだろう”という数字を採用したつもりです。

まず15A1-27♂853(5/上羽化)。
15A1-27♂853d
GW中、同腹39gが不全に終わり、たまらずこの虫のボトルを掘ると赤いながらも完品風でした。落ち着きがなく顎もなよなよと右に寄り、さらに右あごの方が開きがやや大きいです。1312♂847♀535のインラインから親越え。父親は今年再登板することなく落ちてしまったので、今期の1401♂850とともに、来期の866系2枚看板として頑張ってほしいです。

次に15F2-3♂857(4/下羽化)。
15F2-3♂857d
体幹が左曲がりかつ顎をなかなか左右バランスよく開いてくれませんが、何とかこのくらいはあると思います。異腹のCHWK13A3インラインは超脆弱ラインだったので、古川さんから♀買っといてよかったぁ。もう少し背筋が伸びた写真が撮れたら、掲示し直します。

最後は15A3-13♂866(4/中羽化)。
15A3-13♂866-1d
15A3-13♂866-2d
別ノギスでも一応。15A3-13♂866-3d
掘り出し次点で既に真っ黒に近かったので、4/上頃羽化かもしれません。流石に初めて見る大きさなので、自身としては相当嬉しいです。これも古川さんのCHWK13C1♀買っといてよかったぁ。

どの♂もよく還元されている、と言えるものはありません。また、同腹♂のサイズはそれぞれ83mm前後が精いっぱいで、これら3頭自体がそれぞれ”奇跡の1頭”だったかもしれません。その他、15D2ラインからちょい尻83-84mm、15Gラインから84mm。15Gラインは親サイズにしては中盤の体重経過はよく、最終的には効率よく羽化しました。他はせいぜい82-83mmです。

多数飼育でスタートし、優れた虫と決して悪くない設備と環境を用いてこの結果、どうなんでしょう?まあ趣味ですから、私が満足できればそれでいいんですが。

大型作出からは後れを取るでしょうが、上の♂たちとその同腹♀、更には今期経過の良いラインの早期♀を使用して、2017はほぼ手駒ブリードの予定です(あくまで予定)。


<<補足>>

※15F2-3♂857の背筋が伸びました。管理はもう857とします。
15F2-3♂857d2

※15A3-13♂866別ノギス画像も、よりノギスと生体が平行な写真に変更。今年は右顎の方が長い個体が多かったです。
15A3-13♂866-3d2
[ 2016/06/09 12:23 ] 2015ブリード | TB(-) | CM(14)