既に昇温終了

そろそろ三寒四温の頃でしょうか。

昨年はこの室温の日内変動が大きくなりがちな時期、どうやって昇温しきるか悩みましたが、今年は降温ミスで全てが前倒しになり、先の連休前後でブリードスペース内はほぼ26度前後とピークになりました。前回記事以降、まだ室温も終日低めだったので、概ね暖房のみで何とか庫内温度ブレなく、今のところ大暴れボトルは殆どないようです。ワイン庫の”冷却”を稼働させなかったことに意味はあったかな?暴れはないもののPPの内壁をガリガリやっている音が所々で聞こえます。もうあまりボトルに触りたくないので放置です。このまま大きな問題なく過ぎてくれるといいのですが・・・

ワイン庫1
170210ワイン庫1

ワイン庫2
170210ワイン庫2

段ボールの切れ端は、閉扉時の最低限の冷気導入と換気を目的にしているのですが、意味があるかどうかは不明です。

本当は期待してはいけないんですが、どうしても気になる45gのボトル(温度計の向こう側です)。
蛹室作成中

1-2周の周回でどうなることやら、と思ったのですが、この後ボトルを回してみると、裏側で蛹室を作製中の様子でした。少々の不全なら我慢するから、なんとか繁殖できる程度に羽化してくれないものか・・・

これで大半は3月中に蛹化、4月中に羽化、してくれるはず。掘出しは丁度2017の割出投入に忙しい時期とかぶるので、それらが落ち着いてから、ある程度黒ずんだ虫を掘出したいところです。

今日の記事はとってもつまらないのでコメ閉じとさせていただきましたm( )m
スポンサーサイト
[ 2017/02/16 00:22 ] 2016ブリード | TB(-) | CM(-)