2017の準備

うかうかしていると3月も10日を過ぎてしまいました。2016の結果も楽しみですが、掘ってガッカリ、も想定し、5-6月を待とうと思います。


皆様が記載されているように、今年は有力な産卵材供給元が閉店されたため、産卵計画(?)を悩みました。普通材は相当数買い貯めたのですが、何分使用法が手間ですよね。加水・冷凍(念のためしています)・アオカビの危険などの面倒がついて来ますから・・・
昨年カワラ材を使用してからはその便利さ、特にセット作製後多少の間作り置きが利くところが気に入っています。今年もいくつか使いたくなり、まずKBファームさんから購入。
KBさんカワラ材
あと5袋、グローバルさんにもお願いしています。恐らくは使用歴のあるものと大きな差はないと思いますがどうでしょう?


*****


3/6から少しずつペアリングを開始しました。冬眠前と冬眠解除後に数♂、♀をあてがって生殖行動の観察を行いました。交尾までには至りませんでしたが、どの♂もまずまずのやる気と道具を出してきたので、あとは♂の根気と♀の協力次第。順次ペアリングセットに投入しております。85mm以上は昨年同様2300ボトル、85mm未満は1400ボトルのままで同居開始です。表面がつるつるの餌皿は、♂の足掛けが容易になれば、と、ささやかな工夫としてカッターで複数の傷をつけています。YPさんも書かれていましたが、マットは潜る余裕がない程度しか入れません。♀殺し覚悟でないと出会いが限られるような気がします。

監視下確認以外でペアリング成功の目安としてよく言われているのは、餌皿・足掛け材の裏での添い寝(両者うつ伏せ・両者仰向け)ですが、私も一つの目安と考えています。1400ボトルの場合は餌皿を入れていないのでメイトガードにも着目。

それともう一つ、同居後のゼリー消費の早さ・セット内の散らかし具合(宴っぷり)も参考になるかと考えています(下は同居約24時間後)。
2017宴
僕は同居時に16-18gを4つ入れるのですが、事前にゼリーを数日で完食していても、交尾完了と思われる場合、4つ程度のゼリーなら同居序盤の数日は散らかしつつ空っぽになっていることが多い気がします。

今のところ、どのペアリングボトルも宴っぷりは十分ですので、今年はぶっつけで臨んでみる予定です(お試しが面倒・・・?)



今年は♂の補強はありません。♀も複数購入・トレードで戴きましたが、自ブリを中心に組んでみます、というか組んでみたい。2017は自ブリ866系と最大個体866mmを中心にブリ計画。うまくいけばすぐにキャパオーバーになりそうです。来年以降は2016の結果・2017の経過で、行き当たりばったりに考える予定です^^;
スポンサーサイト
[ 2017/03/10 23:34 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)