平凡な結果でした(1)

2017の幼虫とりには苦戦しておりますが、これはまた後程。

2016は大半掘り終わりました。大方の予想通り不全の嵐でした^^;まぁこぎれいな85UPが出てくれれば私は満足なんですが。

広告も出ているので1頭だけ紹介させていただきます。

16C2-10♂865
16C2-865-1.jpg

16C2-865-2.jpg

このラインは幼虫体重から大いに期待していたのですが、完品羽化はこのほか2-3頭だったかもしれません。次点は84mm後半だったかな?40UPが1頭、左内翅が出た87mmくらいのが生きて羽化しましたので、来期まで生きていたら少し使ってみたところです。次回ご紹介させていただくかもしれません。

私の撮り方だとどれも同じに見えますが、この虫は歴代私のところで羽化したもので最も大顎が長くて格好いいです。上翅の艶は母方祖父のエバクワさん13年5番♂を思い出させました。16C2は早期♀を指導教官に無理やり使ってもらうようにお願いしたので、ちょっとだけほっとしています^^

今年866系以外芳しくなければ飼育は866系のみにしようかと思いましたが、そうはいかなくなりました。

次回は866系を中心に残りの虫をご紹介しますが、あれだけ重量幼虫がいながら完品最大はこの虫だったと思います(たしか)。そんなわけで生暖かく見守って下さい(笑)

スポンサーサイト
[ 2017/05/17 12:48 ] 2016ブリード | TB(-) | CM(4)