とどめ

本日残りの1ラインを交換し、1回目の交換を全て終了しました。タイトルの通り、ここまでの交換経過に”とどめ”をさされましたorz

うーん、甘くないですね。今日のラインなんて、2015最大86mm×2016早期54mm(同腹86mm×2)で、最も期待していたんですけどね。数字的には最低のラインになりました。

今期の軽い♂は、どのラインも頭部だけ3齢で体は2齢、って感じのがすごく多かったです。皮も薄くて体内が透けて見える。

何故こんなに出来が悪かったのか。
1.温度が低かったか?(24度前後が長かったか・・・)
2.ドア開閉の音と振動か?(ドアそばの数ラインは影響したかも・・・)
3.親虫幼虫期のダニ対策の影響か?(ダニ対策をして羽化した早期♀は、既にそこそこ結果を出しているが・・・)
4.やっぱり配合か?(好きな組み合わせで少しでも大きく、だから仕方ない・・・)

換気が大事だの、触らないだの、他所様にえらそうなことをのたまいながら、自分のところは全く駄目⤵

工夫のない自己ブリはこんなものなのか!これで来期もこけたらダメージはデカい・・・

2017の挽回は厳しいですが、どんないけてない経過を送るのか、次回の交換を待ってみます。今はいずれの業者さんも菌床の供給がちょっと心配ですが、この数字ならそこまで気にしなくてもいいかな?

*****

悲しい数字は置いておいて、ここでちょっと私の成虫飼育(保管?)方法をご紹介させていただきます。
♂は1400、♀は800のクリアボトルに防ダニマットを入れて飼育しています。ペアリング時はプラスチックのエサ皿を使用することもありますが、個別飼育は全てコレ↓
♂クリアボトル
ゼリーは無造作に置き、水で固く丸めたトイレットペーパーを脚材の代りに入れる。これで顎先の損傷を少しでも回避しつつ転倒消耗-★のリスクも低減。

そしてストックケースに詰め込む。隙間には新聞紙を詰めてボトルを固定。
♂(2段重ね)
♂ストックケース
♀(2-3段重ね)
♀ストックケース

羽化-後食で落ち着いてくれさえすれば、成虫にはあまり時間も場所も割きたくはないので、こんな感じです。餌替え・床替え・移動が少しは楽かなと思います。
スポンサーサイト
[ 2017/10/24 00:14 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(-)