キノコ狩り、親起こしなど

今期は3本目への交換後、1か月は20度以上を維持し、冬温度に移行しました。そのせいか?昨年までよりもキノコが目立ちます。
2018キノコ1

こちらは目障りで申し訳ないですがキノコ狩りの残骸。
2018キノコ2

前半組はもう昇温開始し、キノコもあまり盛っていないので放置です。昨年からトビムシが激減し、今年はいまのところパッと見はいません。このまま雑虫のいないブリードライフを送りたいです。

*****

よく考えると、そろそろ起こしておかないとリカバーが利かない、と気が付き、先日♂♀とも18度の部屋を経て23-24度の温室に入れました。越冬中に落ちたのは1♀と、2017の種2♂のみで、主たる虫は無事でした。

先日、お試しの扱いでTwitterでちょっと議論がありました。私はどうしても♂の「種なし」よりは♀の「産卵力不足」が問題である気がしてなりません。なので今年は監視下ペアリングで♂の技量をできるだけ観察し、怪しい♂にはめぼしい♀をつけずに、しっかり交尾できた採れる♀から幼虫を採ろうと思います。そうすればある意味での「望まざる幼虫」も回避できるかなと。

推測の範囲は出ませんがね💦

*****

画RSSが落ちてしまって、皆様のニュースを知るのが大変になりました。ashtakaさん・Yuipapaさんを参考にさせてもらうとライブドアのものがよさそうですね。Twitterも大したつぶやきはできておらず、せめてブログ更新やヤフオク出品ぐらい記事にしたいところですが、リンクのさせ方がわかりません。今は多忙なので、時間ができたら組み替えてみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2018/02/16 12:29 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(-)