FC2ブログ







余品のお知らせ・・・ではありません

まず。
先の豪雨災害にて、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。また、被災地の一日も早い復興を願って止みません。

*****

2017は7月羽化の♂4-5頭を見ていないですが、ほぼ計測も終わりました。結果も終わっていました(涙)

初めて羽化まで12か月前後の期間を取ってみましたが、特筆する程いいことはありませんでした。これは配合の時点で決まっていたことかもしれませんが・・・。羽化直後乾燥中、虎の敷物のようにペターっと落ちている♂が数頭いました。初めて見る、うつ伏せで綺麗な落ち方だったので、羽化までの期間が少しは悪影響したのかも?2018はまた昇温を早める予定です。

来期親として使う予定の虫をご紹介します。タイトルの通り、一般的には余品レベルですが、一応羽化報告です(^^;。ノギスは要るのか!?という違和感をお感じかと思いますが、恒例ですのでスルーしてください。

まず866系。
17B2-14♂840(15A1-830×16A1-505)
17B2-14-1.jpg親越え、薄め、顎長、落ち着き。上出来。

17C-4♂830(15B2-851×16A3-510)
17C-2-4.jpg手に握ると親に似てやや厚め。1ラインだけ、少しだけ・・・。

17D1-9♂845(15B2-840×15A1-540)
17D1-9-1.jpg17B2-14と同じ感じ。B2とD1は83mm台をスペアにおいています。以上866系。


17E2-11♂840(15A3-1866×16C2-500)
17E2-11-1.jpg同腹に85mmくらいのがいたのですが、こちらのほうが顎の形が好みだったので手元に残しました。暫定850は銚子古川さんに委託でお願いしました。どう計測されるか楽しみかつ不安。母虫の同腹865の幼虫を今年沢山採ったので、使っていいのかどうか・・・

17E4-2♂835(15A3-866×16A2-545)
17E4-2-1.jpg小さいながら同腹最大。一応847系なので使いたいのですが、数的に悩みどころです。

WN52OKM-3♂860B waizu氏 里子(WN3804-861×16C2-14-535)
WN52okm-3-1.jpgまたwaizuさんのところから3ライン計10頭余り里子に戴いたうちの1頭です。母虫は当方の16C2、waizuさんに無理やり使ってもらいました。これも母虫が16C2-♂865と同腹なので対応を考え中です。

以上が私の2017の主だった成果でした。トップブリーダーさんらの王道手法とは離れ、また管理も下手くそなのでこんなもんでしょう。産地物を大事にブリードされている方もいらっしゃいますから、自分ではサイズに因らず今後も866系に拘って大事にブリードしていきたいです。昨年は親虫85mmが目標でしたが、今後は親虫完品良品を目標にします。


ここまでの虫では心もとないので、2年ぶりに♂の補強をすることにしました。それらに見合う♀を、手元の♀以外にも準備せねば。

*****

あと1カ月で1回目の交換が来ますが、まだ1本も詰めていません。来週から開始です。大してボトルに負荷はかけていないつもりですが、目に見えるボトルに派手な食痕は見えません。また♂20gの嵐か?
スポンサーサイト
[ 2018/07/21 22:44 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(-)