そろそろ下準備

2016の羽化成績は親虫のおかげで満足のいくものでした。2018はこれらの親虫から、866系もその他も是非しっかりと幼虫を採りたいです。
2017は手持ち♀不足によるリカバー不能を経験したため、2018、特に拘りの866系は、めぼしい♂には付ける♀は同腹を2つ準備し、採りそびれることが無いように、と考えています。となると同時期に組む産卵ケースが膨大な数になるため、今から5月のセット場所を悩んでおります。

傍目には滑稽かもしれませんが、866系で複数ライン作ってみたい・・・少なくとも何年かは楽しめると思うのですがどうでしょう。

今期はクマモンさんのカワラ材も予約させていただいていますし、必要に応じ市販のカワラ材購入も考えています。それ以前に、ドルクスルームさんが閉店される直前に大量の産卵材(A-B、L-2L)を購入しため込んでおります。堅め・汚れめの材を多少廃棄したりしていますが、毎年カワラ材と並行使用のためなかなか減りません。本当はもっちさんやM`sさんのように、自分でカワラ材を作りたいのですが、カワラ菌床独特のにおいが強すぎるだろうことと、多分カビさせちゃうだろうことで、手がつかずにいます。まだ材は何年分かありますので、いつかカワラ菌床で自作もチャレンジしたいです。


今年も普通材も多少は消費しようと、加水・表皮剥・冷凍の下準備を開始しました。
DR材下準備

私はこの「みんなのオオクワガタ」という本
みんなのオオクワガタ
に紹介されている、吸い上げ式で加水しています。水を吸い過ぎないのがイイ。程よく加水出来たら表皮を剥いでラップでくるんで冷凍庫へ。水は市販のミネラルウォーター(無駄な拘り)。一度に沢山加水できないのが難点ですが、気が向いた日にチマチマやっています。

*****

12月上旬頃までに交換した♂たちのワイン庫。先週から冬温度(サーモ表示17度)にしました。
2017ワイン庫
今年は31gの幼虫まで入居できました。
サーモ稼働時の冷蔵・加温の直後だけかもしれませんが、大きなときは最上下段で2度ほど差があります。なので必然的に中3段に期待のボトルを集めています。既に子実体が見られるもの、側面被膜が厚くなってきているものもあります。なんとか20度を超えるまでそれなりにもってほしい・・・冬温度1カ月で昇温を開始、5-6月の羽化を目指します。

2018は、B団ともさんが仰っていた「まず幼虫を採る、成虫を掘るのはそれから」を守れそうな気がします。
[ 2018/01/16 23:44 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

2017交換終了

クワとは無関係ですが・・・

最近森高さん以来アイドルに嵌っています。ほぼ娘と変わらない年代の方々です(^^;それに島国では握手会もライブも全く縁がありませんorz

なんで生駒さんや白石さんはよく聞くのにあまり聞かない西野さんも人気なんだろう?ってとこからネットサーフを始めました。また「坂道って言ったってモームスやAKBの二番煎じだろう!?」と思っていましたが・・・年末のレコ大まで散々ググり倒して多少思い知った気がします。昔に比べてアイドル市場もより厳しいながら、主役は変わらず年端もいかない女の子たちですから、プロデュースの大人たちもよっく考えて安全に賑わせてほしいですね。そして同じくクワガタも安全に賑わえば・・・・


2017の最終交換が終わりました。後発隊は少し早い交換になりました。今後トラブルが起きても忙しいですし救済はできません。

後発隊もそれなりに成長してくれていました。倍以上の体重増加も複数見られました。一体どんな結果になるのだろう?今期は例年より昇温を1-2か月先送りします。結局不全の嵐が吹くかもしれませんが、まぁトライアルの一年ですしね。しかし今年は200頭にも満たず、飼育は本当に楽ちんでした^^今後も隔年以上で楽な年を作らねば。

冬眠中の♂♀も覗いてみました。湿りすぎの防ダニマットにゼリーもない過酷な環境ですが、幸い皆ひっそり休んでいるようです。親虫たちはあと2カ月もすれば起こしにかかる予定です。2018は正念場!卵・幼虫を根こそぎ採って、ボトルが余ることなどないようにしたいです。
[ 2018/01/13 22:12 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(-)

今年の交換終了

今年の分の交換が終わりました。結局最重量は前回落ちた41gでした(涙)。全体としては、例年より飼育数が少ない割に小ぢんまりとまとまったかなと思います。

相変わらず2本目で伸びている幼虫が多かった。毎年1本目の成長を妨げているんでしょうかね・・・今年は1本目抑え気味がトレンドだった感じですが(皆さん抑えても凄い数字!)、当方では全く意図していないのに抑えてしまっているようです。来期は期待している親虫が多いので、1本目で25度を切ることなど無いように管理したいです。

ここ2年、3本目交換からすぐに冬温度、1か月で昇温開始としていました(というか12月の寒さを防げていなかった・・・)。今年は断熱強化で外気の影響を更に小さくできているようなので、過去2年を上回る成熟(熟成?)を期待して、交換後1か月は20-21度で、その後冬温度1か月-昇温とする予定です。

35gUPも個人的に満足いくほどは出てくれました。あくまで”個人的に”ですよ。しかしその中の1頭が・・・

17B1-26 36.3g
残念な幼虫

1周まわって落ち着いた後、さらにボトル上部にやってきました。なんだか窓枠もネットリしてきた・・・もう諦めますorz。折角の866系だったのに残念!

ここ数日の交換分は蓋をした後に室温の棚には戻さず、そのまま温度昇降があるワイン庫に入れました。写真はそのうちの一本です。過去に3本目交換後即スイッチが入ったことはないので、ワイン庫投入にはもう少し時間を置いた方がよかったかな?などとまたまた少ないNから考えています。これまた来年への参考とします。

1月中旬に残り2ラインを交換予定です。体重倍増(それ以上?)に期待して、今年を終わります。

それでは皆様良いお年をm( )m
[ 2017/12/23 14:48 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(6)

安堵からの落胆

2017は産卵からずっこけ、1回目交換でも惨憺たる経過、菌床が思うようにならないことなんかも相まって、最近はモチベーション激落ちでした。途中、偽♀を1400に入れ替えたりする失態まで数本あったり(;_;)。いくら「羽化してナンボ」とはいえ、ブリードの半分が3齢幼虫期であることを考えると、やっぱり体重は派手に重い方が楽しいですよね・・・

今年はその体重もそこそこなので、11-12か月での羽化を考え、♂の2本目を引っ張りました。本日10数本交換。今年の私にしてはまずまず。中には40UPもいて、安堵しました。少しは春の楽しみが増えたか?

下が今日の最大でした。オチがあるので写真を載せます。
17E1-1(15A3♂86.6mm×WN15OKM♀57.2mm)26.1gから。
惜しい40UP
脱糞の最中でさらにお皿の両サイドが切れていますが重りは載せていません。今年も40g拝めた\(^o^)/

夏に詰めたボトルの冷蔵保存分から使用していたのでとりあえずLVGへ。しかし最近詰めたLVG改・E24も10日以上経過している事に程なく気づき、折角なのでLVG改へ引っ越しを図る。潜ろうとしているところをスパテルですくい上げたそのとき!

「ガリ-ブチッ!」

聴いたことのない鈍い音。見るとスパテルと一緒にご本人の腹部を思い切り齧った御様子💦腹の傷からはどんどん体液が流れ出す。一応このまま新ボトルに・・・

しばし用事を済ませ、問題のボトルをのぞき込むも、そこには体表の緊張をなくし青黒く、ほぼ動かなくなった41.6g。その下のオガは水分でベットリ。諦めて再計測すると29g・・・この厳しい年によりによってこんなミスをするなんて。あーあ、余計なこと思いつくんじゃなかったorz

そろそろ交換時期に掛かる方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも私のような「齧り事故」にはお気を付けください。


しかしまさか20g台から40UPが出るとはビックリでした。他の同腹・異腹連中から、もう一度奇跡が起きないものか・・・
[ 2017/12/03 00:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

とどめ

本日残りの1ラインを交換し、1回目の交換を全て終了しました。タイトルの通り、ここまでの交換経過に”とどめ”をさされましたorz

うーん、甘くないですね。今日のラインなんて、2015最大86mm×2016早期54mm(同腹86mm×2)で、最も期待していたんですけどね。数字的には最低のラインになりました。

今期の軽い♂は、どのラインも頭部だけ3齢で体は2齢、って感じのがすごく多かったです。皮も薄くて体内が透けて見える。

何故こんなに出来が悪かったのか。
1.温度が低かったか?(24度前後が長かったか・・・)
2.ドア開閉の音と振動か?(ドアそばの数ラインは影響したかも・・・)
3.親虫幼虫期のダニ対策の影響か?(ダニ対策をして羽化した早期♀は、既にそこそこ結果を出しているが・・・)
4.やっぱり配合か?(好きな組み合わせで少しでも大きく、だから仕方ない・・・)

換気が大事だの、触らないだの、他所様にえらそうなことをのたまいながら、自分のところは全く駄目⤵

工夫のない自己ブリはこんなものなのか!これで来期もこけたらダメージはデカい・・・

2017の挽回は厳しいですが、どんないけてない経過を送るのか、次回の交換を待ってみます。今はいずれの業者さんも菌床の供給がちょっと心配ですが、この数字ならそこまで気にしなくてもいいかな?

*****

悲しい数字は置いておいて、ここでちょっと私の成虫飼育(保管?)方法をご紹介させていただきます。
♂は1400、♀は800のクリアボトルに防ダニマットを入れて飼育しています。ペアリング時はプラスチックのエサ皿を使用することもありますが、個別飼育は全てコレ↓
♂クリアボトル
ゼリーは無造作に置き、水で固く丸めたトイレットペーパーを脚材の代りに入れる。これで顎先の損傷を少しでも回避しつつ転倒消耗-★のリスクも低減。

そしてストックケースに詰め込む。隙間には新聞紙を詰めてボトルを固定。
♂(2段重ね)
♂ストックケース
♀(2-3段重ね)
♀ストックケース

羽化-後食で落ち着いてくれさえすれば、成虫にはあまり時間も場所も割きたくはないので、こんな感じです。餌替え・床替え・移動が少しは楽かなと思います。
[ 2017/10/24 00:14 ] 2017ブリード | TB(-) | CM(-)